40代アラフォー・50代アラフィフが悩む更年期障害、閉経による女性ホルモンバランスの変化など症状や対策法など実体験を伝えます

更年期障害の症状・悩みの対策法

更年期障害の症状

【更年期障害】更年期と尿漏れの関係

更新日:

人に言えない尿漏れの悩みとは!?

年齢を重ねると、
いわゆる加齢ですが、
ふとした時に「尿漏れ」の症状が起こりやすくなります。

 

スポンサードリンク

女性の身体は閉経を迎える更年期になると大きく変化します。

中でも、
女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が減ることで、自律神経が乱れ膀胱が過度に収縮したり、尿道・膀胱の粘膜が萎縮したり、膣や尿道の血液量が減少し、新陳代謝も低下します。

女性は筋力が弱いため加齢による骨盤底筋の緩みや骨盤隔膜もからだの筋肉全体と同じように衰え、支持力が低下します。

また、
更年期で精神的に不安定になることも、排尿の感じ方に不具合が生じることにも繋がります。

尿漏れの悩み,更年期と尿漏れ,更年期障害の症状,尿漏れの対策方法

 

尿漏れ・頻尿対策法

尿漏れや頻尿になると外出するのが億劫になってしまうこともあります。
そんな時の為に対策をして、気持ちを楽に出掛けられるようにしましょう。

 

・外出時は出先のトイレの場所を把握しておく
・お手洗いに行きたくなったらガマンせず、こまめにトイレへ行きましょう
・万が一の尿漏れに備えて、替えの下着や尿漏れパッド等を持ち歩く

 

いざという時のために準備しておくことで「尿漏れしても大丈夫!」という安心感が、精神的な安定にも繋がります。

私も替えの下着とパッドはいつもカバンの中に入れていますよ(^_-)-☆

尿漏れの悩み,更年期と尿漏れ,更年期障害の症状,尿漏れの対策方法

これだけでも本当に気持ちがだいぶ楽になるものです。

 

また、
尿をガマンすると膀胱炎や尿道炎を起こしやすくなるので、家にいるときなどは、お茶や白湯などの温かい飲み物を多めに摂り、しっかりトイレに行くことも大切なのだそうです。

 

あとは、
尿道周辺や膣周辺のの筋肉をトレーニングする「骨盤底筋運動」をして鍛えることも効果的です。

まず全身の力を抜き、肛門と膣を10秒間締めたあと、10秒間力を抜きます。

これを毎日少しずつでいいから繰り返す事で効果が表れるようなので、ぜひ日課にしましょう。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


ではでは♡ Rei

ランキングに参加中!応援おねがいします♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ
にほんブログ村


【お勧め記事ベスト5】

更年期障害,更年期障害症状,更年期障害の治療法 1

ツライ更年期の症状はいつまで続くの!? 更年期になり症状が出てくると果たしていつまでこんな辛い症状に悩まされるのか?と気持ちがめげてしまうこともありますよね。 でも必ず出口(終わり)は来るのです。 & ...

ホットフラッシュ,更年期の症状,大量の発汗,更年期の悩み 2

寒い時期の大量の汗がツライ・・・ 昼間と朝晩の温度差が激しい日が続いてますね。 こういう時は着る物でうまく体温調整しなければなりません。   先日、久し振りに電車の中で大量の発汗、いわゆる“ ...

更年期,更年期障害,更年期の症状,更年期の症状を理解する 3

同じアラフォーでも・・・少しの差が大きな差に感じるのが更年期 更年期は一般的に45~55歳くらいの間と言われます。 もちろん、 人によっても差があるの一概には言えませんが。  

更年期障害,閉経,更年期,生理が止まる,更年期閉経,閉経ムクミ,浮腫み,ホルモンバランス,女性ホルモン 4

また一歩閉経に近づいたのかな?(;>_<;) ここ数ヶ月またしても生理が来ません。いよいよ閉経なのかしら? 元々太りやすい体質でしたが年と共に痩せにくくなって・・・ そして閉経の症状が現れ ...

ホルモン補充療法(HRT),更年期障害,女性ホルモン剤,ホットフラッシュ症状緩和 5

苦しく辛いホットフラッシュを軽減するためにホルモン補充療法(HRT) 何か、タイトルが「冷やし中華始めました!」みたいだなぁ~(←古いッ)   数ヶ月間、漢方薬で更年期障害の症状緩和を頑張っ ...

-更年期障害の症状
-, , ,

Copyright© 更年期障害の症状・悩みの対策法 , 2017 All Rights Reserved.