40代アラフォー・50代アラフィフが悩む更年期障害、閉経による女性ホルモンバランスの変化など症状や対策法など実体験を伝えます

更年期障害の症状・悩みの対策法

更年期障害とは!?

更年期障害って何歳からなるの!?

日本人の女性が閉経を迎える年齢は、50~51歳といわれており、一般的には

閉経をはさんだ、45歳~55歳の約10年間を「更年期」と呼びます

 

ただ、
個人差があり、30代で始まる「若年性更年期」になる人や50歳を過ぎてから始まる人など、さまざまです。

更年期になる40代半ばあたりから卵巣の機能低下がはっきりしてきて、女性ホルモンである「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌が急激に減少することで起こります。

エストロゲンは妊娠や出産、女性らしいカラダをつくるといったはたらきのほかに、骨密度を維持する、コレステロールを下げるなど、たくさんのはたらきを持っていますが

エストロゲンの分泌量が減少すると今までエストロゲンによって調節されていた、
からだのいろいろな機能がうまく働かなくなり、骨粗しょう症や高血圧、肥満、がんなどの病気にかかりやすくなる可能性があります。

 

更年期障害,更年期障害症状,更年期障害の治療法

また、
加齢による変化も、皮膚がたるんで、シワが深くなる、シミや口元の毛などが濃くなるなど、さらに進んむ、いわゆる老化が進んでいきます。

女性ホルモンは自律神経のバランスを安定させる作用もあるのでエストロゲンが低下することで自律神経の調節がうまくいかなくなり精神的にも辛い日々になることが多いのです。

また、生活環境にも左右されやすく親の介護等体の負担が大きい時に症状が強く出るということもあるようです。

 

更年期障害の症状

更年期による体の変化や老化現象など

・太りやすくなる(痩せづらくなる)
・白髪・抜け毛が増える
・シワやシミが増える
・体毛が濃くなる
・月経が終わる(閉経・不正出血)

 

体調の症状

ホットフラッシュ、めまい、動悸、頻脈、発汗、手足の冷え、イライラ、不安、意欲の低下、集中力の低下、不正出血、月経量の異常、性交痛、頻尿、排尿痛、喉のつかえ感、頭痛、肥満、やせ、むくみなど

 

更年期障害の治療法

更年期障害の治療法には大きく分けて3つあります。

1.ホルモン補充療法「HRT」
HRTは、減少したエストロゲン(卵胞ホルモン)を補充する療法です。

2.漢方薬による治療
漢方薬の良い所は、複数の症状に対してアプローチ出来ることやその人の体質に合わせて処方されたりするので自分に合うものに出会えると効果が期待できます。

3.抗うつ薬・抗不安薬などによる治療

 



 

【お勧め記事ベスト5】

更年期障害,更年期障害症状,更年期障害の治療法 1
【更年期障害】辛いけど必ず終わりは来るもの

ツライ更年期の症状はいつまで続くの!? 更年期になり症状が出てくると果たしていつまでこんな辛い症状に悩まされるのか?と気持ちがめげてしまうこともありますよね。 でも必ず出口(終わり)は来るのです。 & ...

ホットフラッシュ,更年期の症状,大量の発汗,更年期の悩み 2
【ホットフラッシュ】冬場の辛い大量の汗

寒い時期の大量の汗がツライ・・・ 昼間と朝晩の温度差が激しい日が続いてますね。 こういう時は着る物でうまく体温調整しなければなりません。   先日、久し振りに電車の中で大量の発汗、いわゆる“ ...

更年期,更年期障害,更年期の症状,更年期の症状を理解する 3
【更年期障害】辛い症状を理解されない年代

同じアラフォーでも・・・少しの差が大きな差に感じるのが更年期 更年期は一般的に45~55歳くらいの間と言われます。 もちろん、 人によっても差があるの一概には言えませんが。  

更年期障害,閉経,更年期,生理が止まる,更年期閉経,閉経ムクミ,浮腫み,ホルモンバランス,女性ホルモン 4
【更年期障害】閉経にまた近づく・・・止まった生理

また一歩閉経に近づいたのかな?(;>_<;) ここ数ヶ月またしても生理が来ません。いよいよ閉経なのかしら? 元々太りやすい体質でしたが年と共に痩せにくくなって・・・ そして閉経の症状が現れ ...

ホルモン補充療法(HRT),更年期障害,女性ホルモン剤,ホットフラッシュ症状緩和 5
【ホルモン補充療法(HRT)】ホルモン剤の投与を始めました

苦しく辛いホットフラッシュを軽減するためにホルモン補充療法(HRT) 何か、タイトルが「冷やし中華始めました!」みたいだなぁ~(←古いッ)   数ヶ月間、漢方薬で更年期障害の症状緩和を頑張っ ...

投稿日:2015-08-06 更新日:

Copyright© 更年期障害の症状・悩みの対策法 , 2017 AllRights Reserved.