更年期障害の症状・悩みの対策法

40代アラフォー・50代アラフィフが悩む更年期障害、閉経による女性ホルモンバランスの変化など症状や対策法など実体験を伝えます

更年期障害の症状

【更年期障害】男性との理解度との相違に泣く

  男女の差に関わらず体調不良などは中々なった人じゃないとわからないものですよね。 軽く「病は気から」とか言われて落ち込んだり・・・ 特に『更年期の症状』に関しては男の人には中々理解してもらえないものだと痛感したものです。     『更年期に甘えてるんじゃないの?』に号泣   更年期の症状って人それぞれ違います。 また軽い人もいれば重い人も・・・ それから一つの症状だけではなくいくつもの症状が重なったりクルクル変わったり。 そんな症状な毎日についつい愚痴ばかりになっ ...

ReadMore

台風痛,台風と更年期

めまい 体調不良 更年期障害の症状

【台風と更年期】台風が過ぎても体調が悪い時もある

10月にまさかの2週連続で台風上陸。 季節の変わり目、気温の差も含めて皆さん体調など崩されませんでしたか? 私は・・・まんまとヤラレてしまいました(-_-;)  

ReadMore

骨折,骨粗しょう症,骨密度

閉経・ホルモンバランス

【骨粗しょう症】山瀬まみさんからみる更年期と骨折の関係

  タレントの山瀬まみさん(47)が骨折されました。 収録スタジオのセット裏で転んで両足を骨折したそうです。 その為入院する事になったとか。 山瀬さんが更年期かどうかわらりませんが、年齢的には女性ホルモンが低下し骨密度が低下する年代。 若い頃は思いもよらない事でポキッと折れてしまう場合もあります。

ReadMore

更年期障害の症状

【更年期障害】芸能人だって更年期に悩むのだぁ

最近はTVで健康番組などが多いせいか、 女性芸能人の方でも「更年期」を告白する方も増えてますね。  

ReadMore

LINE@,藤田玲子@独女のおひとりさまLife

更年期障害の症状

【LINE@】40代・50代の皆さまと悩みを共有しよう!

独女40代、 自分の身体の変化はもちろんの事、 家族の変化など環境が変わる時でもありますよね。 最近は友達と飲みに行っても必ず 更年期や、 老化現象の話や、 親の事など、 この年齢になったからこそ出てくる悩みがあるわあるわ(笑)  

ReadMore

更年期障害,更年期の症状

めまい ホットフラッシュ 体調不良

【更年期の症状】日ごと、時間ごとに変わる不定愁訴に苦戦中

6月は 気温の変化が激しいせいなのか、 梅雨のせいなのか、 更年期障害の症状がかなり酷めに出てしまい体調不良に悩まされてしまいました。。。  

ReadMore


ホットフラッシュ

【熱中症・脱水症対策】更年期と熱中症の関係

更新日:

自律神経のコントロールが難しい更年期だからこそ熱中症に注意が必要

[toc]

 

年々地球の温暖化なのか、
猛暑な夏が続いています。

そして、
猛暑になると増えるのが「熱中症」になってしまう方が多いのです。

 

 

実は、
「熱中症」になる場所で一番多いのが『室内』なのだそうですよ!!

 



スポンサードリンク


熱中症と更年期障害の関係

【熱中症とは!?】

最近の猛暑により気温が38度、39度になるという、自分の体温より高くなる日が増えています。

汗は体温調節をしてくれるものですが日本のように気温だけでなく、湿度が高くおおよそですが湿度75%以上になると汗をかいても蒸発はほとんどしなくなります。

汗をかいて蒸発することで気化熱で体温を下げてくれるのですが、汗が蒸発しないということは、発汗することでできる体温調節もできなくなってしまうのです。

また、
発汗によって体の水分量が減ると今度は心臓や脳を守るために血管は収縮をはじめます。

これによっても体内の熱が放出できなくなります。

このように、
熱中症は体温調節をする機能がコントロールできなくなり、体温がぐんぐんと上昇してしまうのです。

 

更年期は、ただでさえ、自律神経のコントロールが難しい時期です。

またホットフラッシュなどの症状で大量の汗をかいて脱水症状を起こしてしまったり、

のぼせなどが更年期からなのか、熱中症なのか判断がしづらくなります。

更年期と熱中症,更年期と脱水症状,熱中症対策

 





熱中症の対策法

熱中症や更年期ののぼせ・ホットフラッシュなどの症状を軽くし、脱水症状を起こさないように日々気を付けておくことが大切ですね。

 

・水分をこまめに摂る
喉が渇いてなくてもこまめに水分を摂りましょう。
冷えすぎる水は内臓が委縮してしまうので、出来れば常温で摂取するのがお勧めです。

 

・塩分を程よく取る
汗を大量にかくと塩分が足りなくなってしまいます。
食事で程よく塩分を摂取したり、
お水に少しの塩を入れて飲んだりしましょう。

特に脱水症状の時な水分だけでなく塩分の補給も大切になります。

 

・睡眠環境を快適にしよう
寝苦しい夏の夜で睡眠不足になるとそれだけで体力を奪われてしまいます。

通気性や吸水性の良い寝具を使ったりエアコンと扇風機をタイマーなどを利用して上手に寝やすい温度に整えてしっかり睡眠がとれるようにすることも大切です。

 

・気温と湿度をきにしましょう
屋内でも屋外でも気温と湿度を気にして、高くなり過ぎるのを防ぎましょう。

風通しを良くしたり、日差しを避けたりと工夫しましょう。

 

・のぼせそうになったら冷却グッズで熱を下げましょう
冷却シートや冷やしたタオルなどを首元や脇の下、太ももの付け根など太い血管が通っている所に置いて冷やすと早く身体を冷やすことができます。

 

冬のホットフラッシュもツラいですが、

夏の暑さによる体温調整の難しさや、
多汗・のぼせなど更年期は身体の調子と常に気を配って、

少しでも楽に、快適に過ごせるようにしたいですね。

 

【こちらの記事もあわせてご覧下さいませ】

更年期障害,夏バテ,女性ホルモンと夏バテ,更年期と夏バテ,猛暑,猛暑日,夏日,夏バテ解消,夏バテ予防
【更年期障害】猛暑と女性ホルモン減少による夏バテを予防しよう!
ホットフラッシュ,更年期の症状,大量の発汗,更年期の悩み
【更年期と体温調節】気温の変動とホットフラッシュに悩まされる
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ではでは♡ Rei

ランキングに参加中!応援おねがいします♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ
にほんブログ村


-ホットフラッシュ
-, , , , ,

Copyright© 更年期障害の症状・悩みの対策法 , 2018 All Rights Reserved.